配管・桝の詰まりは高圧洗浄機です!

高圧洗浄機とは

排水詰まりでも原因が外の桝や配管の場合に一番効果的なのは「高圧洗浄」です。

マンションなどの集合住宅では定期的にこの高圧洗浄清掃が取り決められているかと思います。

一般的な機械は「プランジャーポンプ式」で原動機でシリンダーをピストンさせて水を高圧化させ、洗浄ノズルまたはワイヤーノズルの穴から噴射させる仕組みです。大きな高圧洗浄機を積んだ車両で行っている場合が多いようです。この高圧洗浄は配管にこびり付いている油脂や汚れを水の高水圧で洗い落とすものです。

エンジン式でかなり大きな音が出ます。

ただし、一般に戸建や小さな集合住宅などではどうやって高圧洗浄を行えるか?

100Vの高圧洗浄機

 

これは家庭用電源100Vで使います。アイリスオーヤマ製です。

庭や玄関周りに水栓があればある程度の場所に高圧ホースを伸ばして使います。高圧ホースを「ガン」に取り付けます。その先にオプションパーツの「パイプクリーナーホースFPH」を装着します。

直径10mm(1Cm)で長さは10mまで延びます。吐出量は300L/hで最大吐出圧力は12.0MPaです。小さいながらも強力な水圧が出ます。詰まった配管の中に噴射させながら手で押し出していきます。

 

 

汚れが見る見るうちに流れ出てきます。本体の重量も約5Kgと軽量なため、持ち運びに便利です。ガンの先に「ターボランス」を付けると桝の周りや内側の汚れをきれいに掃除することが出来ます。

ガンのレバーは取り外し可能な結束バンドなどで固定すればワイヤーだけを両手で操作できるので効果的です。パイプクリーナーホースの先端には3方向に水を噴射する穴が空いています。そこから水圧のある水を噴射させます。

 

 

汚物や油脂詰まりといったものをきれいに洗い落とすことが出来ます。特に乾燥している固形物などは高圧洗浄でないと、なかなか解消は難しいかと思われます。但し、この機械の場合は曲がりが2箇所以上ある配管にはホースが入らないため難しいと思います。

ですから外桝専用とお考え下さい。

 

細い配管の場合はどうするか?

という問題は、依然の道具でご紹介しましたが、「トーラー機」がベストです。

 

 

ワイヤーの直径は8mm(0.8Cm)なので、ある程度細い配管なら長さ分、通ります。宅内の浴室や台所、洗面台、洗濯機排水など何処ででもオールマイティーに使えます。高圧が難しい場所は、常にこのトーラー機で作業しています。

詳しい説明は過去ブログの水道屋さんの道具のカテゴリーで探せます。こちらをご覧ください➡排水管の詰まりを抜く道具 電動トーラー機 詰まりは大抵この2つを使い分けて作業してます。だいたい築10年の家やマンション、アパートでは詰まりやすくなっています。雑排水管で流れが悪くなってきましたら、全く流れなくなる前に水道屋さんを呼んで作業してください。

 

見積もりを取りましょう

 

 

作業前には、トラブル防止のために必ず「見積もり金額」を確認してください。

業者によってはかなり法外な金額を提示してくる場合があります。2~3mの配管洗浄であればそんなにかかりません。いろいろな項目を付けて金額を上げている業者もいますので、おかしい?と思いましたら勇気を持ってお断りください!くれぐれもご注意くださいませ。