漏水の原因や見つけ方について

漏水の特定

水回りのトラブルで多いのは「漏水」です。「天井や壁から水が垂れてくる」「水道代が急に高くなった」「水が漏れているような音がする」発見理由はいろいろです。大きく2つに分けるとすれば、目視できる漏水目視出来ない漏水です。原因としては給水管の経年劣化によるひび割れ、穴、亀裂が主です。特に「継手」と呼ばれるジョイント部分の劣化が多いです。また配管の素材にもよります。古い配管に中には、鉄、鉛などが使われているため経年による腐食が生じます。最近ではほとんどが「塩化ビニール」管になっています。以前のブログ内でも取り上げたかもしれませんが、基本的に一番丈夫で長持ちします。ただ、特に冬場の露出配管の箇所では破裂してしまうことがあります。保温処置を十分に施してあればある程度大丈夫です。

「目視できる漏水」は天井や壁や床から水が漏れてくるのである程度、修繕箇所を予測して調査および修理ができます。「目視出来ない漏水」は一番厄介です。以前、水道局指定業者による漏水調査に立ち会ったことがありましたが、数か所の床面に穴を開けて「音調棒」を差し込んで調べていました。どんなものかはネットで検索してみてください。他にも専門業者であれば「漏水探知機」なるものも用意されているようですが、私のような個人事業主ではなかなか手が出ない道具です。それで的確な場所を特定できるのかどうか?甚だ疑問です。

どうやってわかるのか

大抵の方は、2ヶ月に一度に行われる水道検針で検針員の方から指摘されるケースが多いようですが、いつもより使用量が極端に多いとか、量水器のメーターのパイロットが常に回転している、といった場合です。生活していて特に気付かない漏水の場合は、目に付かない箇所での漏水の可能性が高いと言えます。給水管は道路にある配水管からメーターを経由して敷地内の地中を這わせて、建物内に敷設してあります。床下を点検できる住宅はまだいいですが、それが出来ないと床を数か所開口して調査しなければなりません。マンションなどの集合住宅は他の階の居住者の方の協力が必要だったり工事もそれなりに大変です。(管理組合に申請し許可が必要)それでも漏水箇所が発見できない場合、給水配管を引き直すしかありません。

配管を露出して建物に敷設していきます。目立たないように建物内に這わせることも出来なくはないですが、手間がかかり、それが工期にも影響を与えます。寒冷地で無ければ一番コストのかからない方法と言えるかもしれません。断水時間も半日~1日で済みます。わずかな漏水なら「放っておく」方もいらっしゃいます。マンションや集合住宅では考えられませんが、戸建ての住宅ではそういう方もいました。しかし、どこで漏水していて何に悪影響を及ぼしているのかも分からないまま生活するのは、あまりお勧めできません。

漏水が改善されると、水道局によっては極端に料金がでてしまった場合に免除や減額を行ってくれる可能性があります。一度お住まいの水道事業所に問い合わせてみていただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です